ebookjapanで書籍を購入したけど同期がうまくできない件

2019-09-11

ebookjapanは確かに扱ってる書籍数は凄いし欲しい書籍も無事に見つけられたけど肝心の同期がうまくできない。

こういった経験をした事がある人も少なくないのではないでしょうか。

ebookjapanでは基本的に原則、返品・返金には対応しませんので閲覧不可能な書籍が手元にあっても困りますよね。

ebookJapanでの同期について解説します

ebookJapanでは対応端末に5台までなら同期できるとされてますね。

では、その同期可能端末を下記で確認していきましょう。

  1. PCのWindows・Mac
  2. スマホのiPhone・Android
  3. タブレットのiPad mini・iPod touch・Android

1つのアカウントで最大で5台購入済みの本を同期出来ます。

異なる端末(PC等)で購入した本がタブレットやスマホで閲覧できるという事になります。

同期できる筈なのに同期ができない現象、解決策を見ていきましょう。

エラーメッセージでダウンロードエラーもしくはダウンロードに失敗しましたと表示されてしまう場合の対処法として以下のことを試してみて下さい。

エラーメッセージには、これが効く?

BookReader設定からデバイス再登録、その後、同期を行いダウンロードが正常に完了できるか通信環境の良い場所で確認してみてください。

まず、もう一度再同期を試みてください。

それでも駄目なら再起動してみて下さい。

よほどの事が無ければ、これで正常化すると思われますが、これでも状況が改善されなければアップデートしてみて下さい。

これでも正常化が適わない場合は究極、一度アプリを削除して再度インストールしなおしてみましょう。

ここまで努力して、それでも手に負えない状況ならサポートセンターに問い合わせてみましょう。

因みに端末登録はアプリの[設定]→[トランクルーム設定状況確認]から いつでも、どの端末からでも解除できます。

登録・解除の回数に制限はありませんのでスマホやiPadを新調した場合でも心配要りません。

新調した端末に同期すれば引き続き閲覧を楽しめます。

同期不具合の解決策が見つかったところで今一度ebookjapanを利用する上での必要な手順を確認していきましょう。

これまで一度も電子書籍を利用したことが無い、今回始めて利用しようと考えてる人は、そもそも電子書籍を読む為にはどうしたらいいのか判らないというところから始まるのではないでしょうか。

ebookJapanの書籍を読む為にネット環境を整えよう

まず電子書籍閲覧のために整ったネット環境が必要です。

あとは会員登録用のメールアドレスを用意していただく必要があります。

その後電子書籍ストアの無料アプリをダウンロードして読みたい書籍を読む流れになります。

以下に電子書籍を読むためのステップをまとめます。

  1. ネットに接続されてる端末から任意で電子書籍ストアを選ぶ(スマホやiPad・PC、どの端末でも問題ありません)
  2. 会員登録をします(要メールアドレス入力)
  3. 無料のアプリをダウンロードします
  4. 実際に本を購入して読みましょう。

不安が解消されたところでebookjapanを快適に利用しましょう。

因みに、同期とは少し違う話になるのですが、お付き合いいただければと思います。

「マルチデバイス機能」を知っていますか。

何が得?マルチデバイスというサービスの概要

マルチデバイスはサービス・コンテンツを複数のデバイス(端末)の間で共通で利用できる状態・或いは複数の端末間で情報を同期して必要に応じ使いたい端末を選んで利用・視聴できる状態を指す。

アプリケーションストア・電子書籍ストア・音楽配信サービス等に関してマルチデバイスと表現する場合所有しているコンテンツの情報を複数のデバイス間で同期・共有する機能を指すことが主です。

こういった機能はクラウドを利用して実現されるのが殆どです。

このマルチデバイスの使い方としては難しい事は別段ありません♪

スマホやタブレット・パソコン、電子書籍を読みたいデバイスに電子書籍ストアのアプリをインストールして頂き同じアカウントでログインしていただくだけで本棚の共有が可能です。

ebookJapanに於けるマルチデバイス、どんなメリットがある?

勿論?無料のアプリとなっているわけですが、これはスマホやタブレット・パソコンに予め備わっているものではありません。

※けれど電子書籍ストアのアプリには最初から備わっている機能になりますので敢えて申し込む等の手間は生じませんし無料で利用していただく事が可能です。

このマルチデバイスのサービス概要を簡単にまとめていきたいと思います。

こちらは、家族で電子書籍を共有したい!と言う時に重宝します。

このマルチデバイス出来る台数が実は電子書籍ストアにより異なります。

把握している限りで表にまとめたいと思います。

ストア名マルチデバイス可能台数
Amazon Kindle6台
ebookJapan5台
Renta!マルチデバイス非対応(0台)
コミックシーモア5台

一家で電子書籍を共有する方法を見ていきましょう。

まず、1つのアカウントを家族で使う方法になります。

電子書籍ストアのアプリをスマホなりタブレットなりPCなりに各自使い勝手の良いデバイスにインストールした上で同一アカウントでログインして頂けば複数の端末から同時利用が可能になります。

Amazon KindleだったりebookJapan・コミックシーモア等、任意で電子書籍ストアのアプリをダウンロードして同一のアカウントからログインすればOK!

こうする事で誰かのスマホを使いまわす必要がなくなります。

ここでポイントになるのがアカウントに紐づいた別のアカウントからアプリにログインしても意味が無いという事です。

どなたのアカウントを代表で使っても問題ないですし家族共有専用のアカウントを作るのもありですね。

とにもかくにも同じアカウントでアプリにログインするのが大事になります。

電子書籍の本棚を一家で共有するイメージとしては紙媒体の書籍をリアルの本棚で自宅で共有するのと変わりません。

こんな感じで、それぞれの端末から自由に電子書籍本棚へアクセスして読みたい本をダウンロードできます。

同じアカウントで購入する事で買った本は全てが同じ本棚に入る事になるので同時に読むことができます。

でも、これ、逆に言い換えると家族と共有したくない、コッソリ愉しみたい書籍も共有しているアカウントで買ってしまうと皆に知られてしまうので別アカウントを設けて買う等、対策を取りましょう。

という事で話が違う路線に行ってしまいましたが、同期が思惑通り進まない!という場合は再同期・再起動・ネット環境を改善する等の方法を試してください。

 

 

© 2021 ebookjapanの口コミから見る安全性とリスクを検証、落とし穴を回避!