ebookjapanで間違って購入してしまった書籍は返品できる?

2020-01-26

ebookjapanの書籍、間違って購入してしまった時は、どうなるのでしょう。

既に持ってるものを間違って購入してしまったりするミスは誰にでも起こりうるものですね。

そんな時、返品等の対応はしてもらえるのか否か確認していきましょう。

まず株式会社イーブックイニシアティブジャパンで掲載してる特定商取引法にある文章を抜粋してきました。

当社は、お客様が当サイトで商品をご購入いただいた時点で、お客様が返品特約のすべての記載内容に同意したものとみなすものとします。

なお当社は、時期に如何を問わず返品特約の全部または一部を変更・改訂できるものとします。ともあるので、購入時は常に最新情報にアンテナを張り利用規約等はよく読んでから利用するようにしましょう。

ebookJapanに於ける返品・交換の可否の詳細

商品引渡後の商品の返品について見ていきましょう。

残念ながら、というか当然の事と言えば当然の事なのですが、通信販売の性質上、返品およびそれに伴う返金はに承ってないとの事です。

ただし商品交換を認めつつも交換の為の商品が何らかの理由で用意できなかった場合、返品並びにそれらに伴う代金を返金するとされてます。

間違ってダウンロードしてしまった商品の返金は?

この場合は完全に自己責任となりますし、デジタルコンテンツの商品の性質上、返品や返金、他の商品との交換には応じられないとされています。

商品の引渡し後に商品の交換に応じるのは限られたケースのみです。

例えば受け取った商品が破損・汚損(但し乱丁・落丁・メディア動作不良・付属品不良は含まない)等の欠陥が認められた場合、及び申し込まれた商品と異なる商品が届いてしまった場合は交換に応じるとの事です。

但し、対応可能な期限に限りがありますので注意してください。

商品について気づいた事があれば商品到着後、7日以内にカスタマーサポートデスクに連絡して下さい。

商品到着から8日以上を経過した商品に関しては、商品の状況・理由の如何を問わず交換には一切応じないとされてますので期限に注意してください。

但し商品到着後7日以内であったとしても利用者の都合による商品の交換・商品到着後のお客様の過失による汚損・破損等に起因する商品交換も一切承ってません。

お客様に落ち度がなく、交換が可能になった場合でも商品の交換には時間を要するケースがあるので承知しておいて頂けたらと思います。

受け取られた商品の落丁・乱丁・付属品不良・メディア動作不良に関しては出版社・メーカー等により対応が異なるので商品に記載されてる出版社或いはメーカー等の連絡先まで相談してみて下さい。

一概に「お客様の都合による交換希望」と言われても、どこまで含まれるか分からない所もありますよね。

下記に具体例を挙げていこうと思います。

  1. 重複して頼んでしまった事に起因する交換
  2. 受け取った商品がイメージと違うことに起因する交換
  3. 巻数・或いはシリーズを誤り発注した事に起因する効果
  4. 希望日の日時までに届けられなかった事に起因する交換等となってます。

ダウンロード商品についても見ていきましょう

ダウンロード商品をダウンロードした際の不具合(ダウンロード不能・デジタルコンテンツの欠陥・ダウンロードしたデジタルコンテンツが申し込みと異なるものであったっ場合)返金は承ってないけれど交換は可能です。

但しこの場合もダウンロードから7日間と期限が設けられていて8日以上を経過したデジタルコンテンツの交換は受け付けられませんので交換が必要な状況と気づいたら即行動しましょう。

知っていて損はないクーリングオフ制度について

さて、自分の身は自分で守れるようにクーリングオフの制度について勉強していきましょう。

まずネットショップでの商品の売買、電子書籍の購入は特定商取引法が適用される「通信販売」に該当すると言うことを念頭において置きましょう。

その上で下記の文言に注目していただきたいと思います。

通信販売に対してクーリングオフ制度は適応されない。

購入時、手元の操作を誤ってしまい購入する事になっても切り札としてクーリングオフを適応させようとしても適応はされません。

ここで掻い摘んでクーリングオフ制度の説明をするより個々に、この制度について確認しておきましょう。

国民生活センターのクーリングオフについての説明をよく読んで知識に変えましょう。

色々と納得した上で書籍を慎重に選んで快適に閲覧しましょう。

© 2021 ebookjapanの口コミから見る安全性とリスクを検証、落とし穴を回避!